函館旅行〜函館に住む大学生がオススメするベストモデルコース〜

はじめに

函館に暮らしている経験を活かして、函館の街並みの魅力を味わえるモデルコースを簡単に提案します。

ぜひこのモデルコースを参考に、函館の歴史や綺麗な街並みを体感してください。

*車がなくても歩いていける距離で考えています。

モデルコース:スケジュール

函館旅行スケジュール
  • 1日目

    函館駅付近

    ・函館朝市で朝食

    函館ベイエリア散策

    ・金森赤れんが倉庫でショッピング

    ・人力車に乗って函館散策

    ・ラッキーピエロでお昼ごはん

    元町エリアを散策

    ・八幡坂で写真撮影

    ・3つの教会を見る

    ・cafeDiciで少し休憩

    ・ガラスのお店「雲と木と」でショッピング

    ・函館山ロープウェイに乗って夜景を見る

函館朝市で朝食

函館朝市には、JR函館駅から徒歩3分ほどで到着します。

函館朝市は、函館で獲れた新鮮な海産物や農園からの直売品を扱う露店の集まりです。

連合会に加盟している約150店舗と加盟していない約100店舗の250店舗ほどが、この函館朝市に集まっていて、美味しい新鮮な海鮮丼が食べられます。

・営業時間 1〜4月は、6:00〜14:00過ぎ 5〜12月は5:00〜14:00過ぎ

・定休日:年中無休 (店舗ごとに異なる)

・駐車場:約350台

・駐車場料金:20分100円 (連合会加盟店で2200円以上ご利用で60分無料)

函館ベイエリアを散策

ベイエリアは、函館港に沿って赤レンガ倉庫群が建ち並び、函館の観光スポットになっています。

海が間近にあり、潮風を感じながらショッピングやグルメが楽しめます。

ここでは、ベイエリアで訪れてほしいところを紹介します。

金森赤レンガ倉庫でショッピング

金森赤レンガ倉庫は、1909年に建築され、1988年からショッピングモール、ビアホール、イベントホールとして利用されるようになりました。

ここでは、多くのショップやカフェがあります。函館で特に有名なお土産の函館スナッフルズのチーズオムレット。または、プティ・メルヴィーユのメルチーズは食べてほしいです。

また、函館浪漫館やオルゴール堂などの雑貨も多く取り揃えているので、ここでお土産を買いましょう。

函館市のベイエリアにある赤れんが倉庫群
赤れんが倉庫群

人力車に乗って函館散策

金森赤レンガ倉庫付近では、えびす屋の人力車に乗ることができます。

人力車を進めてくれる俥夫の方々が、函館の歴史や街並みについての豆知識を多く持っていて、聞くと思わず「へ〜」と言ってしまうようなお話をしてくれます。

また、写真スポットでは素敵な写真スポットに停まって、写真を撮ってもらうこともできるので、思い出に残すこともできます。

詳しくは以下のサイトをご参照ください。

えびす屋 「店舗紹介:函館店」

・営業時間 9:30〜日没(シーズンによって変動あり)

・料金:コースや人数によって変動。(2名の場合、5000円〜38000円)

・コース4種類(12分、30分、60分、120分)

ラッキーピエロでお昼ごはん

赤れんが倉庫の近くベイエリアには、函館で最も有名なハンバーガーショップのラッキーピエロが2店舗。ベイエリア本店とマリーナ末広店があります。

ベイエリア本店は第1号店としてオープンした最も歴史があるお店で、店内にはブランコの席があります。これまでたくさんの芸能人が座ってきたようです。

マリーナ末広店は、ラッキーピエロの中でもかなり大きいお店で、函館湾の近くから海を眺めながら食事をすることができます。

ラッキーピエロでは、一番有名なチャイニーズチキンバーガーを始め、様々なメニューがあります。函館に来たら、ぜひ立ち寄ってみてください。

元町を散策

函館山の麓にある元町と呼ばれる場所は、教会などの歴史的建造物や有名な坂、おしゃれなカフェやクレープ屋さんなど観光スポットが多くあります。

八幡坂で写真撮影

元町は函館山の麓なので、多くの坂に名前が付けられています。

その中でも最も有名な八幡坂。坂からの景色は、海に向かってまっすぐの道と港に景色の一部として展示している摩周丸を眺めることができます。

冬には、夜の時間帯に「函館イルミネーション」によってライトアップが行われています。

ここで記念に写真撮影をしましょう。

3つの教会を見る

元町エリアには、3つの教会があります。カトリック教会(フランス)、聖ヨハネ教会(イギリス)、ハリストス正教会(ロシア)です。

函館山ロープウェイに乗って景色を見下ろすと、この3つの教会が並んでいるのがよく見えます。

カトリック教会とハリストス正教会は教会の中を拝観することができます。聖ヨハネ教会は外観のみ見学可能です。

また、カトリック教会は無料で拝観でき、ハリストス正教会は拝観献金として大人200円、中学生100円がかかります。

cafe Dici で少し休憩

私のイチオシのカフェです。外観は、ツタのような植物に覆われていますが、それが良い雰囲気を生み出しています。

コーヒーやジュースなどのドリンクの他にも、パンやサラダ、スープなどの小腹がすいた時にちょうど良い食事や、焼き菓子やパフェなどのデザートもあります。

店内の雰囲気も良く、函館山ロープウェイが動いている様子も見ることができます。

・営業時間 10:30〜19:00

・定休日:木曜日、第1.3水曜日

・駐車場7台分有り(2台分は道路を挟んだところにあります。)

cafe Diciの外観
cafeDiciの外観
cafe Diciの内観
カフェの中の様子

ガラスのお店 ”雲と木と”でショッピング

先ほど紹介したcafe Diciの店内には、インテリアとして可愛いデザインのガラスが置かれていました。

道路を挟んで迎えにあるお店 “雲と木と”のガラスでした。

外観は、一軒家でお店の感じが全くしないので、結構隠れスポットですがとても可愛らしいガラスの小物が置かれています。

店主の方もとても素敵な人で、お店の空間と作品に心癒されると思います。

私自身特におすすめの場所です。立ち寄って、記念に小物を1点買うのはいかがでしょう。

1000〜2000円くらいで可愛いガラスの小物が買えます。

どんなガラスがあるかは、Instagramをチェックしてみてください。(雲と木と/ガラスギャラリーという名前です。)

・営業時間 10:30〜17:00

・定休日:水曜日、木曜日

cafe Diciの中に置いてあるガラス
cafe Diciに置いてあるガラス
雲と木との店内にあるガラス
店内のガラス

函館山ロープウェイに乗って夜景を見る

函館山の夜景は100万ドルの夜景とも呼ばれ、観光客に大人気の観光スポットです。

函館山の山頂までは、ロープウェイ・徒歩・バス・タクシー・自家用車などで登ることができます。(2023年11月13日〜2024年4月7日の期間は、ロープウェイ、徒歩のみ)

その中でもロープウェイを利用することで、山麓から徐々に函館の景色が広がっていくのを楽しむことができます。

営業時間は、以下のようになっています。

4月20日〜9月30日 ・始発10:00 ・登り最終21:50 ・下り最終22:00

10月1日〜4月19日 ・始発10:00 ・登り最終20:50 ・下り最終21:00

*2023年10月22日〜11月12日の期間は運休となります。

料金に関しては、①往復が大人1800円、小人900円 ②片道が大人1200円・小人600円です。

函館山へのアクセスや、函館山ロープウェイのガイドに関して以下のブログにまとめました。ご参照ください。

また、函館山山頂駅には、「ジェノバ」というレストランがあります。夜景を見ながら、北海道ならではの新鮮な料理を食べるのも良いと思います。

営業時間は、時期によって変動します。詳しくは以下のサイトをご参照ください。

函館山ロープウェイ 「レストラン」

ぜひ、函館旅行最後の時間を函館山の夜景で楽しんでください。

函館山山頂の夜景
函館山の夜景

まとめ

今回は函館旅行の1日分のモデルコースを提案しました。

このモデルコースは、車がなくても歩いていくことができる距離だと思います。

ぜひ、このモデルコースを参考に、函館旅行を楽しんでください

コメント

タイトルとURLをコピーしました